私たちは、
生き物からのメッセージを
読み解きたい

たとえば地震が起きる前、
深海に住む魚が海上に上がってきたり、
あるいは鳥が群れを成して
大移動をしたりなど、
魚や鳥たちは地震などの非常事態を、
ある特定の動きで表しています。

 

犬や猫も同じように、
いつも飼い主たち人間へ危険を伝えています。
自分の身体の不調も。

ですが、
人間はそれを受け取ることができません。
それは、コミュケーションの違いであったり、
持っている感覚の違いであったり、
様々な「壁」によって難しいとされています。

ただ、

その壁の先には、
素敵な世界が待っている。

犬や猫の仕草でストレスの度合いが分かれば、
飼い主とより深い信頼関係を
築くことができたり、
ほんの些細な身体の異変を
見つけることができれば、
より長く健やかに暮らすことができたりなど、
コミュニケーションの「壁」を無くすことで、
これらのように生き物たちにとって幸せな
世界ができれば、素敵だと思いませんか。

私たちは生き物からのメッセージを読み解き、
生き物が安心して生活できる地球をつくる。

レントゲンから
病気を見つける
AIシステム
「ShareVET」

 犬や猫のレントゲン画像を読み取ることで、異常箇所を見つけて、どういった傷病が考えられるか示し、獣医師の診断を補助することができるAIシステムを開発しております。

多くのレントゲン画像を学習させていくことで、あらゆる犬猫が抱えるケガや病気を見つけ、獣医療全体の診断精度向上を図ります。

予防医学の定着化に貢献

 傷病の診断の他に、ワクチンの接種や健康診断の際に撮影されたレントゲン画像を集積することで、それまでのデータを照らし合わせて、ごくわずかな変化を見つけて早期に対応できる。ShareVETを用いることで、こういった予防医学の流れを作り、大病を未然に防げる健康的な社会を促進できます。